人事部や直属上司は、話を進めていくうえで一定のシナリオをもっている場合が多いのです。そのシナリオは、以下の通りですが、ここでも、承認の欲求を潰そうとしてきます。

1、理解
「自分は、この会社(部署)では必要とされていない人材であるのだ」と本人に理解させる。そのために、過去の成績や、問題を起こした時のことをふり返らせる。

2、絶望
「自分は本当にこの職場に残っても意味がない」と悟らせる。例えば、個別面談を終えた後、「もう自席に戻らなくていい。君の席はない。家で待機しろ」という指示を下していた証券会社があります。

3、確信
「自分は、やはり、この会社を辞めた方がいい」と感じさせる。例えば、今後の基本給や賞与、あるいは扱い(待遇)などを提示し、「ここに残らない方がいい」と確信するように仕向ける。

4、予期
「自分はこの会社を早く辞めて、もっと精神的に楽になろう」と思わせる。退職金に上乗せをすることなどをまず伝える。そして、「今、辞表を書かないと、退職金の上乗せなどを約束できなくなる」と話すことで、辞表を書くように仕向ける。

 1~4までの流れは、必ずしもこの順番通りに進むわけではありません。1から3に行く場合などはありえます。また、それぞれの間に厳密な区別があるわけでもありません。

 この流れに目を通すと、営業の仕事をされている人ならば、感じるものがあるでしょう。これは、いかに相手にその気にさせるか、という心理学のアプローチの1つであるのです。普段の商談などで使われているものです。

“山に登ってる人が、「山登りは身一つでできるから金のかからない趣味」と言われたらはぁ?と思うだろう。だいたい金のかからない趣味と言われているのはそういう感じだ。”
“数量がいかに豊かでも、整理がついていなければ蔵書の効用はおぼつかなく、数量は乏しくても整理の完璧な蔵書であればすぐれた効果をおさめるが、知識のばあいも事情はまったく同様である。いかに多量にかき集めても、自分で考えぬいた知識であればその価値ははるかに高い。何か一つのことを知り、一つの真理をものにするといっても、それを他のさまざまの知識や真理と結合し比較する必要があり、この手続きを経て初めて、自分自身の知識が完全な意味で獲得され、その知識を自由に駆使することができるからである。”
『思索』(ショウペンハウエル) (via rashita)

あのさあ、問題はやっぱり例の「空気」ってやつなんですよ。
まあ、別に日本人じゃなくとも苦しんでいる人が隣にいるのに
ヘーキで酒をかっ食らう無神経な人間はそう多くはないでしょうがね、
やっぱりこの国における「空気」の拘束力は大したもんなんですよ。


では、この「空気」ってやつに対して我々はどうすれば良いのか。



簡単ですよ。
「空気」には水を差せばいいんですよ。
山本七平も言ってますでしょ。


山本 : ええ。一つは「水を差す」という方法があります。「空気」が出てきたら「水」を差す。これはなんのことかというと、非常に簡単な現実を口にするだけなんでよ。ダダをこねる子には、「そんなこと言ったっていま金がない」と。同じパターンで、太平洋戦争が始まろうとする時にも、思いつめた「空気」に対して「そんなこと言っても石油がないよ」と水を差すことはできたわけです。すると、一挙にさめる。そうなっちゃ困るというので言論統制がはじまるんですね。


岸田 : 燃料補給を無視して惨敗したというけれども、日本にだって昔から「腹がへっては戦はできぬ」というちゃんとした戒めがあるんですよね。それを当時の「空気」は簡単に無視しちゃった。


山本 : つまり「水」をぜんぶ封じておいて「空気」をつくっていくわけです。連合赤軍にしても、まず、絶対に水を差されない状態に自己を置いて、つぎに、水を差しそうな者を次々と封じていったでしょう。


『日本人と「日本病」について』 岸田秀・山本七平  文春文庫(P91)



この本、必読ですよ。
いろんなことが見えてきますよ。
私の言ってることなんて全部ここからの受け売りですからね。”
“エヴァQ見たらしき2人組の「説明なくて全然分からんかった。視聴者でも分からないんだから、主人公はもっと意味不明だったろうな…主人公かわいそう」「…映画館で観たときは俺もそう思ったけど、就職してわかった。あれ現実だ」「え?」「仕事もあの位の説明で現場出される」「まじで」という会話”
“148 名前:NPCさん :2010/12/26(日) 19:05:56 ???
破壊に疲れ果てた流浪の神が、世界の最果てにある島国に辿りつく
そこで出会う、出身も由来も様々な6人の神々
紆余曲折の末に6人と深い友情を結んだ彼は、彼らと一緒に7人組のユニットを形成
宝の船に乗り、親友たちと共に幸せを運ぶ旅に出た彼の顔には、
もはや破壊神の面影はなく、ただ豊穣の神としての優しい微笑みだけが浮かんでいたという……

149 名前:NPCさん :2010/12/26(日) 21:04:55 ???
( ;∀;)イイハナシダナー”