これは 「マナーの悪さ」 というより 「議論の余地のない法律違反」 というべき問題である。

ところで、コメント欄にも書いたことだが、私は自転車で右側通行をしている連中も、「自転車は左側通行」 という基本中の基本のルールを知らないはずがないだろうと思っていた。学校でも自治体でもこれだけ啓蒙に力をいれているんだから、知っていて平気でルール違反してるんだろうと思っていた。しかしどうやら、その考えは甘かったようなのだ。

「自転車は左側通行」 というルールを、本当に知らない人が多いようなのである。というか、「なんだかややこしいルールを聞いたことがあるような気がするけど、人は右側だし、自転車は 『車』 ってわけじゃないし (実は 『軽車両』 なのだが)、まあ、どっちでもいいんじゃないの?」 ぐらいに思っている人が多いみたいなのだ。

私は 「国民の大多数に正しい情報がきちんと行きわたるなんて、期待しちゃいけない」 と思っている。テレビでもラジオでも、地方自治体の広報紙でも、これだけ 「振り込め詐欺に注意」 と情報発信しているのに、引っかかる人が後を絶たないのだから、それは明白である。

だから、3年前にテレビが地デジに切り替わった時、「突然テレビが映らなくなった」 という問い合わせが集中したのだ。血相変えてそんな問い合わせをするぐらいだから、テレビへの依存度は高い人なのだろう。そんな人たちが、何年も前からあれだけ 「アナログ放送の終了」 を知らされても、「なんか、あるらしいな」 ぐらいにしか思っていなかったのである。

「人は右、車は、自転車も含めて左」 という、ごくごく当たり前の情報でも、実はその辺のじいさんばあさん、オトンオカン、ガキンチョまでには、きちんと届いていないのである。少なからぬ人たちが、この辺りのことに関しては、まったく 「無意識」 なのだ。

そしてそれは、学校や自治体が啓蒙活動に努力すれば届くのかといえば、そういうわけでもない。情報を受け取らない人というのは、何がどうあっても、金輪際受け取らないのである。

「拒否」 しているというわけじゃなく、「無意識だから届かない」 のである。無意識だから、当然受け取るべき情報を、自分はきちんと受け取っていないということに気付いていない。だから、「あ、こりゃいかん」 と反省することもできない。そしてその無意識さ加減は、命に関わる情報でも変わらないのである。

だから、「夜間に自転車のライトを点けるのは、車から認識してもらうためで、点けなきゃいきなりぶつけられてしまう可能性が高まるんだよ。命が惜しけりゃ、無灯火運転しない方がいいんだよ」 と、いくら口を酸っぱくして言っても、ライトを点けない人は、闇夜だろうがなんだろうが、金輪際点けないのである。

リスクに関する一般的原則から、彼らの意識はかけ離れている。いつの場合でも 「自分は別」 なのだ。「正常化の偏見 (normalcy bias)」 が、無意識に強すぎるので、自分はいかにぼうっとしていても、まず大丈夫と思っている。結果的には、周り中に 「ヒヤリハッと」 させまくり、迷惑かけまくりの上での 「大丈夫」 なのだが。

釈尊が 「知って犯す罪より、知らずに犯す罪の方が重い」 と言われたのも当然の話なのだ。それについては、2年半前に “「無明」 と 「罪」" というタイトルで論じているので、ご参照いただきたい。

で、私としては、世の中そういうもので直りようがない、不治の病みたいなものだからしょうがないと、諦めている。気付いてしまった者が気をつけるしかないのである。鈍感な者よりも敏感な者が気を利かせるしかないというのは、悲しいお話だが、自分が鈍感な方じゃなくてよかったとせめて喜ぶ方が、精神衛生にはいいだろう。

無法自転車について、さらに論じてみる: tak shonai’s “Today’s Crack” (今日の一撃)

こんなのが、「違法」と知らずに道路をウロチョロ、挙句に事故る。
運送業やタクシー・バスの乗務員は大変。

(via bochinohito)

とはいうものの、荻上監督が、映画の中で、典型的なフィンランド人の特性をいくつか表現しているのを見て、正直おもしろかったです。少しご紹介したいと思います。

特性第一:目新しいものに対するちょっとした警戒心も、結局、好奇心には負けてしまう。
「かもめ食堂」では、3人のフィンランド人女性が窓の外から食堂を覗いている場面がありますが、正にこの特性を捉えています。 初めは、子どものように興味津々、でも、相手に気づかれて ちょっとイラつく、そして最後には、両手を広げて受け入れる・・・。
全体的にいえば、90年代はじめにフィンランドが情報化社会にすばやく移行できた背景にも、
この強い好奇心と新しいものを積極的に取り入れるという姿勢 があったとも言えるでしょう。

特性2:時にイライラさせるほど、謙虚で自己主張しない
フィンランドでは、控えめであることを美徳とします。
例をあげますと、食事に招待されたフィンランド人は、なかなか一番最初に食事の席につこうとはしないです。はじめは、関心のない素振りをみせながら、内心では、「もう一度、二度、三度言ってくれれば・・・」と思うのです。何度かいわれて、「それほどまで言うのならば」といって席につきたいのです。

特性3:謙遜家
例えば、新品の腕時計をほめられると、素直に喜びを表現せず、たいていこう言います。
「たいした時計じゃないんです。もう、狂い始めたようだし、いや、まだちゃんと動いているとしても、そのうちおかしくなるでしょう。やっぱり駄目な物を買ちゃったんです。」

特性4:沈黙が少しも気にならない - 話すことがなければ口を開く必要はない
「かもめ食堂」でも、寡黙なフィンランド人がたくさん登場しました。皆さん、これって、アメリカ人などと正反対だと思いませんか?むしろ日本人と似ているじゃないんですか?

特性5:強い感情をあまり外で表さない
あるフィンランド人夫婦の話がいい例だと思います。
「何故、愛しているって言ってくれないの」と、結婚10年目の妻が夫に訴えます。
「結婚したときに言ったじゃないか。状況が変われば、すぐに言うよ」と夫は冷静に答える。
映画でも、ついてない泥棒や学生のヤルッコ君まで、登場人物の多くは「寡黙の男」なのです。
  
荻上監督は、このようなフィンランド人の性格を映画でよく捉えていると思います。

さて、私の個人的経験から言えば、ヘルシンキとは規模も違う東京にいて、またフィンランドとは文化圏が違う日本にいて、とっても落ち着いた気分になれるのがいつも不思議です。理論的にいえば、東京に、フィンランドの全人口500万人が住んだとしても、マンションの半分はまだ空室になります。これは、フィンランドと日本の面積がほぼいっしょうと考えると、フィンランド人にとってなかなか想像がつかないことです。

私にとって日本が居心地がいいのは、先にあげたフィンランド人の国民性と日本人の国民性に共通点があるからだと考えるのが一番簡単な説明だと思います。 「何故、似ているのか」は、また別問題として、とにかく、その場にいるということが、二国の国民同士が仲良くなり、理解しあうための しっかりとした土台になると思います。 ですから、日本におけるフィンランドのイメージ、また、その反対が良好なのも、当然といえば当然なことかもしまれません。

“退屈がないところにアルコールがはいり込むすき間はない。アルコールは空白の時間を嗅ぎ当てると迷わずそこにすべり込んでくる。
———
「教養」のない人間には酒を飲むことくらいしか残されていない。「教養」とは学歴のことではなく、「一人で時間をつぶせる技術」のことでもある。”
今夜、すべてのバーで p.52、p.132 (via izumiumi) (via nemoi) (via jacony) (via petapeta) (via aun-059) (via dj-satosato) (via naoquixote)
2009-07-13 (via gkojay) (via usaginobike) (via usaginobike) (via it-shine-reading) (via usaginobike) (via mekarauroko) (via kimagurefilm) (via hanemimi) (via nanashino) (via hanemimi) (via 2011-11) (via 2011-11) (via odakin) (via yasufumic) (via deli-hell-me) (via mediapicnic) (via mitaimon)
darylfranz:

撃墜されたマレーシア航空17便と行方不明の370便、両方予約していたがどちらも直前キャンセルしたスーパーラッキー男 - ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー

自転車競技のプロ選手、マールテン・ド・ヨンゲ氏(29歳)は、ウクライナ上空で撃墜されたとみられるマレーシア航空17便に搭乗する予定だったが、出発直前になって搭乗を取りやめて一命をとりとめた。 

ヨンゲ氏は、マレーシアに拠点のあるサイクリングチームに所属しており、3月にはインド洋上で消息を絶ったMH370便にも搭乗を予定していた。しかし、このときも直前になってキャンセルして助かっている。 

ヨンゲ氏は今週、別のマレーシア航空機に乗る予定だが、心配はしていないという。 
オランダのテレビ局の取材に対して「2回助かったので3回目も大丈夫でしょう」と語っている。

darylfranz:

撃墜されたマレーシア航空17便と行方不明の370便、両方予約していたがどちらも直前キャンセルしたスーパーラッキー男 - ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー

自転車競技のプロ選手、マールテン・ド・ヨンゲ氏(29歳)は、ウクライナ上空で撃墜されたとみられるマレーシア航空17便に搭乗する予定だったが、出発直前になって搭乗を取りやめて一命をとりとめた。

ヨンゲ氏は、マレーシアに拠点のあるサイクリングチームに所属しており、3月にはインド洋上で消息を絶ったMH370便にも搭乗を予定していた。しかし、このときも直前になってキャンセルして助かっている。

ヨンゲ氏は今週、別のマレーシア航空機に乗る予定だが、心配はしていないという。
オランダのテレビ局の取材に対して「2回助かったので3回目も大丈夫でしょう」と語っている。

“私が警察官だった頃に扱った様々な事件の犯人の中には「大相撲好き」とか「ガーデニングが趣味」とか、そういう人も一杯いたのだが、そういう話をすると、マスコミの人は露骨に「そんな話は聞いていない」という顔になった。要するに、人は「見たいもの」しか見ないし「見せたいもの」しか見せない。”
“「お年寄りの為に獅子舞やってください。一銭も払えませんが。。。」
なんて老人ホームからの問い合わせが年間に50件近くある。

「僕も生まれ育った土地のご年配の方です、
 感謝もありますので交通費だけでいいですよ。」
なんてわざと葉っぱかけてみるけど、
「いやぁ、払えないんですけどね。でも喜んでもらいたいんですよ。」
なんていう。
「お前が企画してるんだから本当にお年寄りの為なら
 お前が身銭切れって言ってるんだよ。」
って思うけど、ばかばかしいから言わない。
ひねくれているがそんな言い回しされると妙にやる気が起きない。

「お年寄りの為に獅子舞やってください。一銭も払えませんが。。。」じゃなくて、

「今経営難でお金がないんですが、どうか獅子舞やって頂けませんか?」
と言われれば男気見せるかもしれないし
「ありがとうございました。
 お年寄りの方が喜んでくれましたよ」じゃなくて、

「ありがとうございました。
 これでお客さんが増えて景気がよくなったら必ず次はお礼します。」
って言われれば納得するのである。何をかっこつけてるのか、年寄りを利用して。

芸の価値は金だけではなくて、もっと価値のある価値である。
昔こんな事があった。

「お兄ちゃん。友達が誕生日なんだ獅子舞やってよ」
なんていう7歳の子供がやってきた。

「嫌だよ、獅子舞を仕事にしているんです。ただでなんてやりません。」
なんて断る。

ほんの冗談の会話である。

ところがこの子、5人の友達を連れてきて、500円持ってきた。
「これしか払えないけど、やってください。」
「本気だったのか、やってやるよ、(500円)いいからしまっておきな」
「だってお兄ちゃんの仕事なんだからそれはだめだ」
っと言って引っ込めない。。。5人で100円ずつ集めて持ってきたらしい。

その日の夕方、家にいろんな細工とお菓子を用意して獅子舞をした。
「今日はお兄ちゃんが引き受けてくれたからいい誕生日になったよ、【ありがとう】」

金だけの価値で言えばお菓子も細工も身銭きってるので赤字!
だけど、もっとすごく大事な事を教わった。
それから二年たつけど、その500円はなぜか使えないし
未だにこの子に会うと頭が下がるのである。

この子は俺にとってはなかなかの旦那である。”
“なぜAKBが売れてあなたの音楽が売れないのかというと、皆忙しくてあなたの音楽に辿り着くまでの時間や労力、関心といったコストを払えないからです。AKBはそのコストをほぼ0にするために莫大なマーケティング費用を払っています。「真っ当な音楽を作ればリスナーがコストを払う」など傲慢です。”

Twitter / kuninakamasaki (via shingi)

2012-06-07

(via mmtki)

いい音楽なら喜んで金払うけど、そもそもそれに出会うルートやマッチングがないのよね的な話。

(via kotoripiyopiyo)