s-clip
観客が大作映画を見にやってくるのは、良質なストーリーではなく、映像的な迫力を求めているからだ、とヘンドリクソンは力説。その根拠として、同社の大ヒット映画「アリス・イン・ワンダーランド」を例に挙げ、「ストーリーはたいしたことがない。しかし、スケールたっぷりの映像が大量の人々を引き寄せた」と説明した。

でも、普通は疑いますよ。科学論文はそういうものだから。

 僕も経験しましたが、実験中に、例えばすごく面白いデータが出るじゃないですか。先生の所に飛んでいきますよね。「先生、先生、超すごいんですけど、こんなデータが出ましたよ」と持っていくと、間違いなくこう言われますね。
「あ、それ、何回目なの」
「1回です」
「じゃあ、だめだよね」

 僕は実験をやり直す。3回やり直したけど結果は変わらない。そうするとさすがにちょっと顔色が変わって、でも、「お前の腕じゃ怪しいな」と言われるんですよ、絶対に。

なるほど。実験したのが身内でもまずは疑問の目で見る。

丸:で、「ちょっと3カ月待って」と言って、研究室のメンバーがやり直すんです。それで、結果が変わらなければ「すごいな、正しいぞ、これ。これは論文になるから一緒に頑張ろう」。こうなるんですよ、普通は。

 学部生の実験だろうが、ネイチャー掲載の論文だろうが、徹底的に疑って再現実験を繰り返す。なぜかといえば、科学とは常に間違う可能性を含んでいるものだからです。そして、故意かどうかは全く別の問題ですが、「誤りを含んでいること」自体は大きな問題ではない。

え? なぜでしょう。

丸:データの解釈には常に推論を含みますから。そしてもしも「完全に正しい論文以外、発表してはいけない、掲載してはいけない」、ということにでもなったら、科学の推進力は大きく失われてしまうから、です。

あ、もしかして「ネイチャー」を初めとする科学論文誌は、科学者が自分の論文の誤りを、みんなに見つけてもらう場所、ということですか?

丸:そう、人間だから誤りは避けられない。自分の能力だけでは限りがある。だから、世界中の優秀な科学者がよってたかって誤りを捜して潰す。そのために科学論文と、それを掲載する雑誌がある。そういう見方もできると思います。

Q.日本人は物事を白黒つけるのが下手だと思いますか?

・思う 21%
・思わない 7%
・どちらともいえない 72%
「でもね、まだ本気出してないんだよね」
水谷豊は2月23日深夜に放送された『リシリな夜』(TBS)でそう言って石橋貴明の腰を砕けさせている。
「僕は目一杯ですよ」と笑う貴明の言葉に飲んでいる飲み物を盛大に吹き出してしまう水谷。
そんなことを言えるのは役者として絶対の自信があるからだろう。

「カメラの前に出たりとか、こう芝居をして手を合わせると、だいたいは勝負つくのね」
と水谷は言う。「勝ち負け……ではないんだけど、それに近い感覚。そうすると全部言うこと信頼してくれるし。やるのが一番早い。やると分かる」
実際に一緒に芝居をした途端、相手から信頼を勝ち得ることができるのだ。

「だから僕は、芝居をしてる時のほうが、その人が分かる。芝居してる時って芝居できない。だけど、普段の時のほうが芝居できるんだよね、人って。日常生活のほうが。台本がないから。だけど、台本があってその中でやると、どう本を読んだかだとか、どういう気持ちでその本を読んだかが見えてくるから、人が分かっちゃう。全部見えてきちゃう。だから芝居したほうがその人が分かる」

逆に普段は分からず、すぐ騙されると笑う水谷には、もう何十年も年末になると必ず言ってしまう口癖があるという。

「来年は本気出すよ」

 これまでも“ブラック企業”を扱った書籍は数多く出版されてきた。だが、そのほとんどがブラック企業に虐げられてきた従業員側の視点から描かれたものだ。しかし、本書は、ブラック企業の経営者側からの視点に立って書かれており、経営者の本音を炙り出している。

 中でも興味深いのは「我が社の理想の社員像は“使い倒せる人間”や」とうそぶくIT系社長へのインタビューだ。「社員を長く手元に置くつもりなど、さらさらない」「“勤務時間応相談”とは、会社側の相談に応じろという意味」「2~3年、腰掛けで来てくれるくらいが丁度いい」など、毒々しいブラック企業経営者の本音が次々と出てくる。

 従業員サイドから見れば驚きの発言の数々だが、ブラック企業経営者の発想を知ることは、雇われる立場の人にとって自らの身を守る上でのヒントとなるはずだ。

 経営者側が「長く雇うつもりはない」というスタンスであれば、従業員側もそれを承知した上で、バイト感覚で働いて、自分の都合に合わせてブラック企業を切り捨てていけばいい。

 本書は、読み方次第では「悪魔の書」だ。人を雇い入れ、安価な賃金でこき使い、その上がりをかすめ取る。そして使い倒して、切り捨てる。いわば新手の詐欺師ともいえるブラック企業経営者のノウハウが詰まっている。

 社会人として頑張っていこうと意欲に燃える若者を、意図的にしばらく無視。そして、到底1人ではこなせない量の仕事を与えることでミスを誘発。そのタイミングで罵声を浴びせ、「もしかして給料が支払われないかもしれない」「クビになるかもしれない」思わせることで、馬車馬のように働かせる。こうして社員は“社畜”と化していく。

asagaonosakukisetu:

在日中国人「オバマに寿司食わせるなんて拷問と嫌がらせ!!」日本人「( ゚д゚)ポカーン」【追記】多くの日本人がRTしたツイート:BuzzPics - バズピクス

理科の授業に意味はあるの?

あります。

貴方や貴方の御家族が下らないオカルトや悪質な新発明詐欺に引っ掛からないように、

国家は貴方に、森羅万象が法則によって動いている事を教えてくれているのです。

宗教はファンタジーなので絶対にカネを渡さないように。

(そして、信者はモンスターなので絶対に関わらない様に。)

もっともらしいファンドには絶対に投資しないように、

上場企業でも「画期的発明や新発見」を謳っている会社には絶対に関わらない事。

マイナスイオンは詐欺です。

太陽光パネルは税金泥棒です。

永久機関は存在しません(あったとしても貴方なんかに出資を仰ぐ筈がない)

幸福の科学は科学と無関係です。

創価学会は学問とは無関係です。

しっかりと勉強して、知っている単語に反応して利益まで感じてしまうような哀れな大人にならないようにして下さい。

予算はあらかた低い。ウェブページは安いところに頼めば5万円で出来る!と言い張る。アプリは10万円でLINEのようなものが作れると思っている。30万円出せばmixiやはてなくらいのサービスが出来上がり、100万円出せばfacebookが完成すると信じてやまない。そんな方が地雷の方には多い。
とくに今回は、混浴温泉という素晴らしすぎる文化が登場する。しかもこちらには最終兵器というべき上戸彩までいる。彼女の入浴シーンでは、側面から確認できる驚くべき胸部のボリューム感に全お父さんが驚愕するであろう。このためだけに入場料を払うとしても、少なくとも8億円の熊手を買うよりコスパがいい投資対象である。